「ダリ団扇」

画像


上野の森美術館で開催されている「ALVADOR DALI 生誕100年記念 ダリ回顧展」に行ってきた

20世紀美術界、最大の奇才として知られるサルバドール・ダリ(1904-1989)は、独自の表現方法を用いて、さまざまな幻想的で非現実的、はたまた精神錯乱的な世界を描き、シュールリアリストのなかでも特異な位置でありつづけました。奇抜な振る舞いや独特の物言い、生涯創作の女神(ミューズ)であった妻ガラとの関係も広く知られています。
 本展は、スペイン・ガラ=サルバドール・ダリ財団と、アメリカ・サルバドール・ダリ美術館からそれぞれ、日本初公開の作品を含む主要な油彩画約60点を中心に、貴重な初期のドローイングや写真なども展示し、1989年に84歳で生涯を閉じるまでの巨匠ダリの足跡をたどる大回顧展となります。



随分混んでる、とは聞いてたけど雨降りの平日だったらそん事はなかろうと思ってたら
ものすごい人人人人人人人人・・・・・

警備員の方が言うには、それでもいつもより随分少ないそうだ
平日だけあって学生らしい人が多い、ここは美大も近いしね


作品の展示されている角ごとに大変な人数が並んでいる、画の前に立つまで、ジッと待つ、一分に半歩くらい進む感じ

知的な美人学生がフッと絵に惹かれたように前に割り込んでくる
真摯な気持ちのような気がして、なんとなく許せる
よそ見ししてるような態度でスッと割り込んでくる確信犯な感じの人もいる
腹立たしい・・・・

音声解説をレンタルしたので、ヘッドホンをしてたけど全てが解説されてる訳では無いし、混んでいるので廻りの会話が聞こえる
「怖い絵だね」とか「ああ、ここが」等々、僕には解らなかった事とか新鮮な感覚が聞こえてきて楽しい、まわりは皆若々しい芸術家の卵達なのかもしれない

ある音声解説のされている画の前は特に並んだ人数が多かった
ずうっと待ってもなかなか観る事が出来ない
ようやく画の前に立つ
ジッと観てたら後ろで切ないうめくような声が聞こえる
ハテ??と振り向いたら、今時な髭顔と白いワンピースのカップルが長~いキスをしていた
生涯妻のガラを愛し続けたダリの作品は彼らにどういう効果をもたらしたのだろう??
アラアラと思うくらいにキスは延々と続く、行列はウンザリするくらいに進まない
更にこの後、僕の少し先では彼らの甘~い絵画鑑賞の会話が展開される
なにせ混んでいる、ずうっと同じ位置関係のまま流れるから


今回は「目録を買わない」と自分を戒めていた
大抵、こういった展示会では買ってしまう
そして本棚に並べたら最後、全く開かない
たまに買わなかった時は後々まで後悔するくらいに貴重な機会だったりするのだけど
でも、ダリだったら資料はいくらでも他に目にする機会はありそう

ミュージアムショップでペラペラと目録を見る
泡のように消えていくグラビアアイドルの写真集より安くてこの内容
素晴らしいと思う、これは買わなくては!!とも思ったけど買わなかった

実は展示の最後の作品でなんとなく「醒めた」から
この絵でなくて良かったのでは??と思う
あの作品を最後にして、あの音声ガイドを付けた事、僕は嫌いだな
作家の本質はそうなのかもしれない、でもそう演出したのはどうなんだろう

ミュージアムショップで大注目は「ダリ団扇」
アイスの棒のような板の先にダリの顔が刷られた厚紙が貼付けてあるだけ
それが500円に近い値段
スゲェ・・・・冗談にしか思えない
誰か買わないかと思ってしばらく見てたけど、手にする人はいなかった

この記事へのコメント

のの ☆
2006年11月21日 02:27
どんな絵を描く人かわかんなかったので ちょっと調べてみました う~~ん 難しいなぁ。。解説が色々書いてあるんだけど 本人に果たしてそう言う意図があって描いたのか 本人の居ない今は 確認しようもないよね
絵って言うのは 感じるままじゃダメなのかなぁ
NAOさんは 随分お疲れになったのね(* ̄m ̄)プッ 記事を読んでたら 疲れた理由がわかったような気がしたりして。。(*^.^*ゝ
長いキスのカップルは 何をしに来てたんでしょうね。。。何もそんな場所でしなくても・・・って思うのは 私の世代の方だけでしょうか??
せおり
2006年11月21日 18:35
絵画鑑賞は好きですけど、
ダリ単独はちょっと恐い・・・
「近代美術」っていうのなら行きますが。
ダリ展に来る人って曲者、
もとい個性派ぞろいなんでしょうか?
NAO310
2006年11月21日 20:32
ののさん、ありがとうございます
ダリって騙し絵みたいな作品もありましたが、大体は訳解らない絵を描いた人みたいでした(笑)
聞こえてくる学生さんらしい人の感想を小耳にはさんで、「なるほど」と思う事が多かったです
柔らかい頭で無いと付き合えない画家なのかも
キスしてた二人の姿にも世代を感じました
NAO310
2006年11月21日 20:39
せおりさん、美大生らしい人が多かったので「変わり者」っぽいのは沢山いましたよ
会場にあった解説によると日本では、いままで「ダリ展」はいずれも盛況で日本人の好きな画家の一人と言えるんだそうです
今日、国立博物館に行きました
浮世絵とか仏像を観てるとダリの絵を受け入れる素養はもともと日本にはあるのかも??とも思いました

この記事へのトラックバック