咲き始め

都内は寒さが゛戻ってしまった
それでも、井の頭公園の蕾の花の下ではお弁当を食べているグループがもうチラホラ
楽しげにワイワイとしていたのは海外からの方々だった
もう少し早く咲いてたら良かっただろうな・・・と少し申し訳無い感じ
どのくらい滞在しているのだろう??
この公園が桜色に変わる様子を観れたらいいのにと思う


画像




画像




画像





画像


【SONY α700】 + 【TAMRON A06 28-300F3.5-6.3】

一眼レフを持ち出すのは、桜と秋桜の時期くらいなものだ
設定が秋に撮った時のままだったので、少し手間取る・・・

同じレンズ、咲き始めは望遠が延びるSONY α700、満開の時期にはSONY α900で撮って何年目だろう

この記事へのコメント

えふ5.6
2017年03月25日 23:38
折角海外から来たのでしたら、桜を見て帰ってもらいたいですね。来週は少し温かさがもどるようですが…。
α700、α900、G1、デジタルにしては、物持ちが良いなと思います。
モノを大事に使う事は大切だと思います。僕も、なるべく長く使いたいと思うものの、傷をつけたりすると急に愛着が薄れてしまいます。その割りに、扱いが雑というたちの悪い性分です。(^^;
α900は、ソニー最後のフルサイズのデジタル一眼レフ、G1は初めてのミラーレス一眼、いずれも意味のある機種で、NAO310さんのカメラの選択もよいのかなと思います。
NAO310
2017年03月26日 15:23
えふ5.6 さん、ありがとうございます
海外からの観光客の方は年々増えていて、昨年の井の頭公園でも様々な国・地域の方が桜の時期には訪れていました。しかし、花の開花は自然相手ですから運ですね、

咲き始めた公園では一眼カメラを持った人をいつもよりはるかに多く見ました。
ミラーレスより一眼レフが多いようでしたが、比較的年配の方なので最近買った訳では無いのかも??
私の場合は仕事がらみで必要だった時期に購入しましたが、今は買い替える事情も無くそのままです、
先日、メーカーを定年退職した方とα700を挟んで少しだけ雑談する機会があり、その方は別部署だったそうですが、「今と違って最初の頃は技術者が大阪へ行った」とのことでした。「ミノルタで開発をしていた技術者も係っていたのではないかな」とも。
もう一社、ミノルタのカメラ技術者が移籍したとネットで噂を読んだ、パナソニックがデジタルカメラ事業部を解体すると報じられていました。
メーカーで開発する方の多くの思いが込められた製品なので、まだ付き合っていくことになると思います。

この記事へのトラックバック